お風呂で倒れないために


f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s.jpg

寒い時期はお風呂場での事故が増えますが、お年寄りだけの問題でなく 持病を抱えた若い人もそのリスクがあります。 お風呂場で倒れると命に係わることがあるのでどう気をつければいいかまとめてみます。 特に気をつけたい人 高血圧 心臓病 血栓のできやすい人 年齢問わずです。 一般的にも浴室と脱衣所の温度差を無くすことが予防の第一歩と言われていますが 具体的に言うと お風呂に入る前にフタをあけておく 服を脱ぐ前にお風呂の扉を開けておいて脱衣所も暖かくする お風呂の床にマットを敷くか入る前に床を温めておく (お湯を撒くなどして床がひやっとしないようにする) シャワーでお風呂をためる(浴室が暖まるけどお湯がぬるくなりやすい) 小型の暖房器具をセットしておく(脱衣所・トイレ用暖房) それから他に気をつけられることは お風呂に入る前に水分補給しておく(血栓防ぐ) お風呂に入る時には必ず足先の方から掛け湯 (心臓から遠いところから) お風呂は40℃程度(熱いお風呂にいきなり入らない 入る時もゆっくり入る(下半身から温めながら入る 私はお風呂に肩までゆっくり浸かってる時に 急に立ち上がって起立性貧血で意識失ったことがあります。 特に持病がなくても立ちくらみしやすい人も注意です。 なので、立ち上がる時も何かにつかまってゆっくりと。 もしお風呂場で気分が悪くなったら できるだけ動かない(何かにつかまっておく 意識失いそうと思ったらお湯ぬく(溺れるから 人を呼ぶ もしお風呂で意識失ってる人を見つけたら お湯を抜く(溺れている場合 人を呼ぶ(一人で持ち上げられない 救急車よぶ(応急処置教えてくれます あと、意外なシチュエーションですが露天風呂もあぶないです。 温かい浴室から寒い外へ出て冷たい地面をはだしであるいて 「うー さむさむ」と熱い湯に急いで入ったら・・・ 普通に考えてもあぶないです。気をつけましょうね。 少しでもお風呂場での事故が防げるように 色々工夫してみてくださいね! もちろん、持病を治すことも大事なのですが 急によくなる類の物は少ないだろうし 無理すれば持病のない人でも危険なので ほんとに、十分気を付けて下さいね。

#脳梗塞 #高血圧 #心臓病 #ヒートショック

Archive
まだタグはありません。