はじめに・・・

私達は地域の「相談薬店」として、1999年の創業以来

「患者さまがより健康で毎日を快適に

お過ごしいただけること」を目的に邁進してまいりました。

患者さまおひとりおひとりのお話をじっくりとお伺い

しながら「食養生や生活の養生」をお伝えさせて頂くこと

やサポートする「医薬品」「漢方薬」「健康食品」などの

ご提案をさせて頂いております。古来より「良薬」と

呼ばれるものは「効果」があって「副作用が少ないもの」

だと言われております。

私達がご提供させて頂くものは

 

①患者さまの状態に合わせて
②良薬・良質な素材をどのように使っていただき
③具体的に効果をご実感頂き、少しでも健康の一助となること

 

であると専門家として考えております。

ただ、世の中に目を移しますと、医薬・薬学に知識のない健康商品販売業者が、

毎日のように「半額」「タイムセール」といっては「なんにでも効果のある万能食品」のように

テレビ通販・インターネットなどでその広告活動を続けています。
そのような業者様の一部には、「遺伝子組み換え」や「農薬の残留」または

「健康作用を引き出せる成分自体が少ない」など原材料自体に問題があることが多く、

かねてより「品質」や「安全性」無視した「健康被害」となるような商品が 一部のモラルのない

事業者によって作り出されている現状を、私達は健康づくりを応援する専門家として、

とても悲しくそして危なくとらえておりました。

 

10年ほど前に「イチョウ葉エキス製剤」の一部において全国的な回収騒動がありました。
なぜ回収されたかと申しますと、イチョウ葉エキスに「ギンコール酸」というアレルギー性物質が

含有されていることが発覚したからです。
イチョウ葉エキスというものは大変優れた健康素材であるのですが、加工法を一つ間違えると、
毒性のあるものが残留してしまいます。

 

私達はこの「アレルギー性物質」が含まれていることを、

回収以前より様々な研究会を通じて認知しておりましたが、

実際には、当時の数多くのメーカーはこのことを認知

しておりませんでした。

これは安全性よりも「売れればよい」といった商業原理の

もとで作られたからこそこういった騒動が起こったので

はないかと考えております。

 


大切にしたいこと・・・

 

このイチョウ葉エキスの騒動は私達にモラルがない利益優先の商品ではなく


「もっと本当にお客様の健康を応援できる製剤はつくれないものか?」
「安心してご相談販売が出来る製剤はつくれないものか?」


という思いを強くさせていきました。そしてこの思いが、現在の自社製剤作りの礎となり、

このような思いから、10年前より良質な製剤づくりに取り組んでおります。

 

・誰もが安心して使える天然物を使った製剤づくり
・長期的に服用頂いても安全であること
・不要な添加物を極力排除
・品質・価格のバランス

・実感と安全を備えた一流の原料のみを使用

 

上記のことを大切に開発いたしました。

 

 

適材適所で「実感力」を発揮できる製品を企画

 

巷でコラーゲンなど、多種多様の症状に効きそうな

イメージで販売されていますが、そのような

「万能健康食品素材」なるものは、私達専門家からすると

あり得ません。

本来、漢方製剤・植物性素材には得意・不得意分野が

あります。身体に良いからと言って同じものばかり口に

していると栄養バランスを崩し、健康に害を及ぼすことと

同じことです。おひとりおひとりの体質に合わせることも

大事です。

 

 


-----------------------------------------------------
【製剤A】【体質B】の方には適しているが【体質C】の方には適さない
-----------------------------------------------------


こういった考え方が事実であり、客観性がありますので、

「これさえ飲めば・・・」という考え方は、適当ではないと考えております。
私達は、長期服用頂いても安全でありながらも「適材適所」で状況(体質や症状)が改善できるような

製剤のご提供をさせて頂いております。自社製剤に関しましては、お気軽にご相談を頂ければと存じます。