血流観察システムの理論
 

 東洋医学の定説によると、左手の薬指には身体の情報が集約されています。異常な血管の形、血管の周りの濁りの有無、血管や周辺の色などによって健康の度合いを目で見て観察することができるわけです。そこで、左手の薬指に特殊な液を塗布し、特定波長の可視光線を集中放射し、そこで得られる映像をモニターに写し出すことができるようにしました。

 自分を調べ、家族を調べ、まわりのみんなを調べているうちに、予想通り、薬指の毛細血管は、その人の血液がドロドロであるとか、サラサラであるとかいう状態によって変化していることがわかりました。また、昨日はスポーツしたとか焼肉をたくさん食べたとか、寝不足であるなどの生活習慣によって、良くも悪くも変化することや、なにか健康にいいことをすると、2週間程度で変化が表れることなどもわかってきました。
 皮膚と毛細血管の間には、細胞外液という液体があります。新陳代謝がうまくいかなかったり、運動不足などによってリンパ管から排出されなくなった老廃物がこの中に蓄積される人もいます。こうなると、細胞外液が濁ってしまいますから、ヘアピンのようなカーブを見せる毛細血管が、ハッキリ見えないというような現象が起こってくる人もいます。

「血管美人」の毛細血管検査方法は採血の必要がなく、注射針で痛い思いをすることもありません。洋服の着脱もなく、これ以上ないくらいに手軽にご自身で自分の血管状態を調べることができます。

(株式会社健康科学研究会 会長 武野照男氏 文章より抜粋)

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」

読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』などで紹介された、   「指先で健康がわかる!?血流観察システム」が

ドラッグピュアに登場!

 

 

YTV「大阪ほんわかテレビ」での紹介

テレビ東京系列「WBS」での紹介

ドラッグピュア本店にて血流測定・血管状態の動きを

確認できます。ご自身でできる簡単セルフチェック!

【完全予約制】0120-093-849までお気軽にどうぞ