阿膠(あきょう)

 

【別 名】…驢馬膠

 

●ウシやウマなどの皮から作られたニカワです。

●補血、止血作用のある生薬として用います。生理不順や血便、鼻血、吐血に効果があります。
●血行を良くする働きがあります。
●止血の働きがあります。
●排尿関係の部分に力をつけます。

【基原(素材)】…ウマ科ロバなどの除毛後の皮を煮詰めて作るニカワ塊です。ウマ科のロバ及びラバ、その他ウシなどの皮膚を水で煮た「にかわ」を正品とする。玉阿膠は膠の小片を熱を加えて膨したもの。また、局方ゼラチンを代用としてしばしば用いる。

※中医学の薬性理論の大きな柱となるのが次に掲げる「性・味・帰経」で、いずれも生薬の効能効果と関連があります。

【温寒】… 平 
【補瀉】… 補  【潤燥】… 潤  

【升降】… 降  【散収】… 収 

【帰経】…肺、肝、腎 
※帰経とは生薬が体のどの部位(臓腑経絡)に作用するかを示すものです。

【薬味】…甘  まず脾に入ります。 
【薬効】…強壮作用  止血作用  滋陰作用  補血作用  滋養・鎮静作用  滋陰潤肺作用 

【薬理作用】
●阿膠を実験的に貧血を起させたイヌに投与すると、赤血球、ヘモグロビンの増加作用が認められます。内部出血の血液凝固を促進するためにゼラチンの静注が有効であると報告されます。止血薬として,血管壁弛緩と血液凝固減退の為に起る血液の浸透性亢進によります。
●出血に応用します。また、包摂薬として化膿、疼痛、利尿減少または頻数にも用います。

【用 途】…月経過多・肺虚による喀血。止血薬として、血管壁弛緩と血液凝固減退の為に起る血液の浸透性亢進による出血に応用する。また、包摂薬として化膿、疼痛、利尿減少または頻数にも用いる。

【学 名】…Equus ansinus L.

【注 意】…阿膠はしつこくて消化されにくいので、脾胃虚弱による食欲不振、消化不良、嘔吐、下痢などには禁忌。

【出典】…神農本草経
【三品分類(中国古代の分類)】
神農本草経や名医別録などでの生薬分類法
上品(不老長生薬)

●ロバなどの除毛後の皮を煮詰めて作ります。

画像は漢方素材のイメージです