そこには、結婚年齢の上昇や子宮内膜症などの病気

の影響、ストレスなどによる ED(勃起障害)や

セックスレスなど、さまざまな問題が影響している

と考えられます。また「不妊」というと

女性だけの問題と思われがちですが、決してそうでは

ありません。

 

WHO(世界保健機関)の1998年の発表によると、

不妊原因が男性のみにある場合が24%、女性のみの場合が41%、

男女ともにある場合が24%、不明が11% とのことです。

「妊娠」のメカニズムは複雑で、

「男性が射精した精子と女性の卵巣から排卵した卵子が、

卵管で出会って受精し、 受精卵が分割しながら

子宮にたどり着いて子宮内膜に着床する」というプロセス

のどこか1カ所にでも問題があれば妊娠しにくくなりますし、

不妊の検査をしてもとくに問題が見つからないケースも

少なくありません。

 

一般的に「不妊の治療」には、排卵とセックスの時期を合わせるタイミング法や、精子を子宮に注入する人工授精(AIH)、さらに高度な治療として体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)があります。

しかし、あらゆる「不妊の治療」を行う前提には、「お二人の健康状態をまずは改善していくこと」が

極めて重要です。私達の不妊相談の基本は「体をつくること」を大前提にいたしております。

精子の質や量・卵の質や大きさを改善していくためには、普段の食生活や生活スタイルの

改善を行うことがまずは大切です。

また、体質的に「冷え」や「便秘」そして「アレルギー性疾患」などをお持ちの方は、

これらを改善していくことが子宝に巡り合ううえで極めて重要な要素となります。

 

さらには、病院における「ホルモン治療」を併用する場合においても、その前にきっちりと

体を作っておくことが、その治療を有効にさせていくうえでの大きなポイントとなります。

無事に妊娠をされました方の中でも、残念ながら「流産」される方も少なくありません。

虎の門病院産婦人科のデータによりますと、

 

流産率は35歳以上では20% 40歳以上では41%にものぼります。


 

不妊体質から子宝体質を目指そう!ドラッグピュアの不妊相談

 

 

流産の原因は卵子側、精子側、母体側とそれぞれの原因が考えられますが卵子の染色体異常によることが

大きな原因と言われています。母体も高齢になるといろいろな病気を発症しやすく、健康管理はさらに

大切になってまいります。食養生・生活養生・そしてそれらを補っていく補助的なものはとても必要性が高いと考えております。

 

私達「漢方・免疫のドラッグピュア」ではお二人の「愛の結晶」が元気で無事にこの世に生を受けられる

ことが出来るよう、ゆっくりとお話をお伺いしながら、アドバイスをさせて頂いております。

ご相談は「完全予約制」となっておりますがお電話やメールなどでもご相談賜りますのでお気軽にご連絡ください。

【不妊の要素となりやすい前提体質や傾向】

冷え性・低体温・アレルギー(花粉症など)慢性疲労性症候群(CFS)慢性便秘・慢性頭痛・ストレスフル・自律神経失調・長期投薬(薬剤性不妊)・慢性胃炎・アトピー性皮膚炎・生理不順(女性)・PMS(女性)子宮内膜症(女性)・関節炎・偏食傾向・外食が多い・糖尿 など

「不妊」とは、健康なカップルが定期的に避妊せずセックスを続けていても、2年経っても妊娠に至らない状態をさしています。

一般の方は通常、1年で約80%、2年で約90%のカップルが妊娠するといわれています。

しかし日本で不妊症に悩むカップルは6組に1組といわれ、何らかの不妊治療を受けている人は

50万人と推測されています。近年、日本で不妊に悩む人は、年々増えております。