よくあるご質問

 

Q1 漢方薬って、効きにくいイメージを持っていますが、ずっと飲み続けなければ行けないんでしょうか?

 

  いいえ、漢方薬は、その方の体質に合えばしっかりと素早く効く場合が多いです。ただ、

  体質を改善していくことは、症状が和らいだことととは異なります。

  改善した状態を固定化させるためには、最低3~4か月はお続けいただくことをお勧めします。

 

Q2 自然素材を併用することをお勧め頂きましたが、市販の安いものでも同じようなものがありますが
  何か違いがあるのでしょうか?

 

  自然素材も漢方薬原料も天然素材を使っている点では共通しています。素材には 「優」「良」「可」

  と言うように、原料自体の安全性や純度・精製方法・栽培方法・原料生産地などあらゆる部分においての差が

  出てまいります。安価なものではそういった部分に対する意識が低い商品が流通されている側面は否めません。

  当店では、学術的なデータに基づく裏付け(エビデンス)が整ったものであり、なおかつお客様のご体質に

  あったものを中心にお客様にお勧めさせて頂いております。

 

Q3 数か月服用しても効果が出ません。処方を間違えられているのではないでしょうか?

 

  すべてのご体質や病歴をお伺いしながら、お勧めさせて頂いておりますが、何か生活の上で大きな変化が

  あったり食事など薬以外の生活面における改善が行えなかった場合には、変化が見えにくい場合もございます。

  このような場合は遠慮なくご来店またはお電話を頂ければ、より適したご提案をさせて頂けるかと存じます。

 

Q4 自分が効果があったものを家族にも服用させたいのですが、いかがでしょうか?

 

  ご家族様であっても、お一人ずつ体質は異なります。特に上薬でない場合は、同じ症状があっても処方は

  変えた方が望ましい場合も少なくありません。
  このような場合は遠慮なくご来店またはお電話を頂ければ、より適したご提案をさせて頂けるかと存じます。

 

Q5 病院でも漢方薬は出してもらえます。市販薬はもったいないと思いますが何が違いますか?

 

  保険医療に収載されています漢方処方は、薬価基準に合わせるための工夫が凝らされています。

  製剤の原料品質や加工方法においても大量生産をすることを前提に作られたものです。

  私達では、現代人の体質に合わせた独自処方ともいわれる加減法製剤(薬味を足したり、または減らしたり

  しながら副作用を軽減しながらも製剤の効果を最大限に引き出していく)を中心にこだわった製剤をご用意

  いたしております。また、効能効果で見るのではなく個々人様のご体質から漢方製剤をご提案させて頂いて

  おりますのでどうぞ安心してご相談いただければと存じます。

 

Q6 テレビでコマーシャルしているお薬がいいと思うのですがいかがですか?

 

  一概には言えませんが、マスコミ費用は莫大なものかとお察しします。その莫大な費用をかけても回収できる

  製剤ですので、本体自体にかける費用は経済原理から言えば低減されていると考えます。

  長年の経験と研究から言えばメーカー様の誠実なモノづくりに対する姿勢がうかがえるところは限られてまいり

  ますので、規模の大小を問わず地味ながらも信用あるメーカー様のものを中心にご提案をさせて頂いております。