漢方・自然薬は、治療に対する「人間のからだの反応」を土台に体系化した医学といえます。古代中国に発するこの経験医学が日本に導入されたのは5~ 6世紀頃。日本の風土・気候や日本人の体質にあわせて独自発展を遂げ、わが国の伝統医学となりました。

それに対し、西洋薬の歴史は浅く明治時代以降であります。

慢性体質の改善を考えた場合、まさに漢方薬は「適薬」といえるでしょう。

NEXT VISION